無料ブログはココログ

カテゴリー「歴史散策」の記事

2021年10月11日

やはり「少しの事にも先達はあらまおしきことなり」

 

先日、久し振りに街道めぐりの歴史散歩にでかけた。京街道(京都に向けてのみの街道名)の一部を歩くためである。
事前に京街道巡りのマップやら、気になっている史跡も含めて、ネット等で情報収集に数時間かけて調べていた。

東海道は53次(江戸日本橋から滋賀の大津宿)がなじみ深いが、徳川幕府の公称では、大津から大阪へはあと4宿場(伏見、淀、枚方、守口)も含めた東海道57次となっている。 今回の散策は、この最後の57次の宿場街である守口宿が中心なかでも秀吉が1596年に毛利、小早川、吉川の毛利三家に命じて造成させた「元禄の堤」の遺跡です。

なにせ今から400年以上も前の街道であり、現存する「元禄の堤」の跡も僅か700m程もないことだからと地図等で事前に確認はしていた。
しかし、当時の街道と言えば幅2mほどの小道でもあり、淀川左岸の堤防を改修して造った街道で、堤であるから少し高くなっていたことには当初は全く気付いてはいなかった。

当日は、京阪鉄道の守口市駅で下車し、淀川方向の出口から出たのですが、どうも列車の進行方向と勘違いしていた。 持参の京街道マップとは違うなあと気付いたので、すぐに通りかかりの年配の方の二人に道順を尋ねて確認したのである。

すると間違いもすぐに修正出来たのですが、肝心の「元禄の堤」への入口が全く分かりません。またしても通行人の方にお尋ねしたのですが、どうも要領を得ずにあたりをうろうろと歩くことになりました。地域の歴史に興味もなく、地元愛もうすい方には当然のことかもしれないなあとは思いながら、また暫らく歩きまわりました。

しかし、目的の京街道沿いの一部の石碑しか見つけるのがやっとで、次第に疲れて出て遂には体力も尽きかけ、諦めて後日出直すことになったのです。
そうして帰宅してから、再度入念に調べてみると意外と近くにあったたことが解ったのです。ほんの少しのところで逆方向に進んでいたのです。

因みに、先達とは案内人のことではあるのですが、何事も自分勝手な思い込みでは駄目であるとまた思い知ったのである。 まさに、あの徒然草の仁和寺の僧侶の如しである。
兼好法師の「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」の残した言は、まさに至言なりと感心しきりであった。

この守口市からあの石清水八幡宮もあまり遠くないはない場所にあり、その山上の石清水神社には次回は心して参詣したいものだと心に 刻んだ歴史散策だった。


O0560050413463284467

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2021年4月 4日

古人の歩いた道を辿る(その3)

 私が初めて、京都を訪れたのは中学3年の奈良京都の修学旅行だった。
当時は日本史にもあまり関心もない生徒だったし、京都と言えば寺社仏閣ばかりの見学と言うイメージだったのであまり印象はないけれど、何故か
清水寺の音羽の滝だけは美味しい水を 柄杓で飲んでる記念写真もあり、今も鮮烈に脳裏に残っている。

そして、社会人となってから歴史小説を読むようになってから京都の重要性を次第に理解出来てからは、常に日本の歴史文化の故郷だと思った。
定年後は、子供達の就職独立の縁で、関西に生活拠点を移すことになった訳だが、私にとっては歴史散策の場が増殖するという楽しみとなった。

とりわけ、鴨川の河川敷をゆったり歩くことは、私には何とも言えない京都の風情を感じさせてくれるものとなった。
勿論、東山沿いの「哲学の道」も思索を巡らすのに適している小路で素晴らしいものではあるけれども、鴨川は別の意味で京都散策に適している。

そして、以前から気になってた下加茂神社から上賀茂神社へ向かうあの葵祭りルートを辿ってみたいという衝動に突き動かされて、賀茂川沿いをじっくりと歩いてみた。沿道の桜もかなり咲き揃っており、人出もかなりあり、随所で春の到来を楽しんでいた。

葵祭は、京都の三大まつりの一つだが、その歴史は平安時代の昔から1400年前から続く五穀豊穣の平安貴族の祭りで「勅祭」である。
因みに、「祇園祭」は9世紀から続く八坂神社の夏越祭りで、京の風物詩であり庶民の祭りでもある。「時代祭」は、平安神宮の大祭で明治28年に
始まっていると言うことも知った。今年もコロナ禍で祭りも中止となるとか言われている。

京都を歩き回ると色んな風情に触れる機会があるのである。平安の昔から室町時代から幕末明治への歴史の変遷の奥深さに思い巡らしながらの歴史散策は、今後も続けて行こうと歩きながら改めて思った。まだ知らない京都の歴史散策は私にとって、確かな老化防止の良薬となっている。
Photo_20210404185101

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


2021年4月 3日

古人の歩いた道を辿る(その2)

 京都の散策するならば、以前から北側だと思っていた。と言うのも北には平安貴族の別荘である離宮もあるとう思いからだ。
ということで、あの第52代の嵯峨天皇の離宮のあった大覚寺を目指して歩くことにした。阪急嵐山駅から渡月橋を渡り、天龍寺の横を抜けて歩く。

足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位である天龍寺には、既に三度も行ってはいる。あの借景庭園と池を眺めているだけで
心落ち着く場所で、初代住職の無窓疎石も眺めていたということからも、私のお気に入りスポットなのであるが。

旧嵯峨御所である大覚寺は、何やら御所風という印象だが、かなり広いし、コロナ禍ということもあり、一部は公開制限もあってる看板もあった。
境内の塀沿いに北上し山麓沿いを歩いていくと一面のどかな田園風景が広がっていた。

流石にこの辺りには、人影もなく、見渡す限りの田んぼであるから安心してマスク外して、ゆったりと新鮮な空気を吸い込んだ。
この風景は、何も大きな開発もされてはいない千代の古道の雰囲気を今も残しているような雰囲気である。近くには観月の池で有名な広沢の池があるのだが、まだ眼下には見えない。

そうして早春の田んぼ道をゆったりとしてペースで歩いて行くと左手に東方に水面が広がっているのが少しだけ見えてきた。近くには後宇田天皇陵もあるらしい。山裾の竹林の中を抜けて進むと月見の名所の広沢の池の淵に着いた。池の西端で池に突き出る小さな島(人工の観音島)に架けられた橋で、池や山裾を見渡す。

そうして振り返って、小倉山や愛宕山あたりの山々と広沢の池とが、秋の月見に似合うことも少しイメージしてみたのである。
古来からの観月の池として、西行も芭蕉も蕪村など数々の歌に詠まれたこの辺りの山と池のロケーションにも感慨深いものがあった。

Photo_20210403210101

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

2021年3月14日

最近の愉しみ「時空の旅」にハマる

 定年退職してはや6年も過ぎると言うのに時折、現役時代の仕事にもがいてる悪夢を見ることがある。
問題解決しようにもあれもうまく行かずこれもダメの八方ふさがりで夢である。目覚めては、ああ何てことだと嘆息をつく始末。

どうも頭の思考回路が、ワンパターンで固定化されてるのかも知れない。こんな時は別の明るいサイドから物をみる機会を意識的に増やすようにしようと思ったのである。

 時あたかもコロナ禍の二年目であり、潜在的意識も抑圧されているのだろう。ならばいっそのこと精神の自由解放を進める方策は何かと思案した。歴史に興味のある私には、司馬遼太郎の小説やらこれまで集めた歴史資料等のデータベースから過去の都市の変遷を頭に描き、例えば、京都や大阪のある時期の数十年間の時の移り変わりを映像を想像してみたりもする。
また、かつて見たNHKテレビ番組の「タイムスクープハンター」のようなイメージでその時の民衆の心にも可能な限りなってみる時もある。

私にとって、過去と現代の変化を可能な限り画像が流るが如く、頭に思い浮かべる作業は実に愉しいひと時なのである。
何よりも脳トレにもなるし、時代を俯瞰する癖をつければ、過去現代のせせこましい煩わしい悩みも束の間は、雲散霧消するからである。

改めて、人は数千年の昔からそんなふうして生きて来たんだなあという思いは、何故か私を落ち着いた気分にさせてくれる一服の清涼剤となっているのである。当たり前のことながら、人は大きな時の流れとともに生きている。
Line_

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村