無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2023年1月25日

大雪の思い出

 昨夜から10年振りの寒気団が日本全土を覆って、各地で道路交通や交通機関での障害を引き起こしている。
昨年末に日本海側で大雪の教訓で、雪国の人達は、かなり事前準備しているようだが、それ以外の地域は対応の甘さが出たのか、天候の急速な変化に対応出来なかったのだろう。

南米沖太平洋の海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」も終息に向かい平年並みに戻るとの予報も一部にあったようだが、結果は10年振りの寒気団が日本列島を襲ってきたようだ。

私が退職して、関西に転居してから経験する積雪である。日本海に面する北九州地方出身の私は、積雪は珍しくはない。
それでも最近は、地球温暖化の影響か数センチ程度の積雪は珍しくなっている。また瀬戸内海に面する兵庫は、この時期雪は降ったとしても積雪は少ない地域である。

そんなことを思っていたら、私の少年時代の鮮烈な記憶に残っている気象庁命名「昭和38年1月豪雪」(通称さんぱち豪雪)のことを思い出した。
強い冬型の気圧配置が続き、北陸地方を中心に東北地方から九州地方までの広い範囲で大雪となった。特に平野部では記録的な大雪となり、北部九州でも30cm超えの積雪だった記憶のある大雪の体験だ。北日本の数m近くの積雪ではないにしても少年の私の記憶には「豪雪」として脳裏に刻まれている。

その日はあさから雪がかなり舞っていたが登校したが、雪は降り続いたので、確かお昼前には下校ということになった。
下校する際の積雪量は、長靴の上の辺りまで高さだったから、難儀しながら帰った記憶がある。田んぼとその横の小さな道が区別つかないほどで、辺り一面が、文字通り大雪原場の様相であった。途中下校だから、喜ぶという感じもあまりしなくて、雪降り続くし、寒いからから早く家に帰りたい思いでいっぱいだった。

それでも家に帰れば、家の前の庭で積もった雪で、雪だるまやカマクラを作った遊んだ。それ程の積雪量だった。竹林に積もった雪の重みで、しなっている様を見て、こんなに大雪降るんだと子供心に驚いていた。

そんな記憶が蘇り、あれはもう57年も前の遠い昔の話だなんだとしみじみ思い、窓外から見える屋根には珍しくまだ残雪もあり、灰色の空からまた雪が舞い始めている。

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2023年1月15日

今、大相撲が面白い

 横綱不在、一人大関の初場所ではあるが、私は毎日の取り組みに目が離せないものとなっている。
かつて大関だった御嶽海、正代の二人は、怪我のせいか精彩に欠いているのは残念ではあるが、大関を目指す若手が多くなっているので、その成長振りが頼もしいし、期待もしているからだ。

青少年の頃は、ほとんど興味もなかったのは、多分に理解不足だったのだろう。シニアなってからは特に関取の人柄にも注目しているからなのだろうが、取り組みや人柄にも不思議と次第に関心が出て来たのである。

私が特に気にいってる力士は、前頭七枚目の宇良である。痛々しい両膝のサポーターして、連日頑張っている姿には不思議と好感がある。
また、最後の仕切り前には目をつむって、無心に呼吸を整えているいつもの姿に、何故か共感を覚えているのである。多分、過去の失敗の苦難を乗り越えて、会得した独自の集中術ではないだろうかと勝手に推察している。

そして、奮闘して負けてもきちんと相手に礼をして土俵を降りる爽やかな姿に尊敬をしている。まさに、これが日本の相撲道だとも私は思っている。
だから、私もああいう姿勢で、物事に取り組みたいと常々思っている。

また、阿炎の突きの際のパワーの凄さに驚き、その際の形相はまるで仁王像を彷彿とさせるなあと思っている。豊昇竜も安定して強くなっているから年内には大関になるのでは思っている。若隆景や大栄翔にも期待している。

これからも若手力士の成長と日本の大相撲を観戦していくのが楽しみである。これも歳を重ねてみないと解らない日本の良さでもあると理解している。

38303bdccf9b676f03b4094bf7d556c3_t-138303bdccf9b676f03b4094bf7d556c3_t-1

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

 

 

2023年1月 1日

2023年の元旦

 2023年の新しい年が始まった。
今年も我が家の東のベランダから厚い灰色雲の下に僅かに光る初日の出を拝むことができた。
例年の習慣でウェザーリポートにアップした。そして、コロナ禍の中での恒例の初詣も今年も近く氏神様に参詣した。

昨年は色々とあったが、何とか無事に乗り切った。今年はこれから先の長い(?)ことに思い煩わされ、悩み苦しみことはせずに、一日一日を大事ににして過ごして、小さな楽しみを見つけて行こうと思った。
そして、日々のなかで知らなかったことに好奇心をもって、学んでいけばと思った。

あの「おもしろきこともなき世をおもしろく、住みなすものは心なりけり」という高杉晋作の歌のように、すべては自分の心構え次第であるから。

1672560696186

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2022年12月31日

2022年の位置を思う

 2022年もあと残すところ7時間少しとなったところで、今年の位置というものを考えてみた。
世界的には、コロナ3年目で、少しばかり落ち着きを感じそうな年ではあったが、ロシアのウクライナ侵略というのを目にして、改めて平和と安全をひしひしと感じざるを得なかった。

この時代になってもまだ、冷戦期時代の思想を持った一部の為政者が法を無視して、武力による現状変更を平然と行っている有様に、怒りと無力さを嫌と言うほど感じた。改めて、戦後生まれの戦争未経験者でもある私も、平和を維持するために日本人として何が必要であるかをもっと冷静にかつ真剣にじっくりと考ねばと思う。

個人的には68歳を過ぎて、残りの人生の時間をどのように使えばかとも思案してみた。いずれにしても「今を生きる」しか手はないのだが。
そんな2022年の終わり際し、2023年にも世界も日本もより良くなって欲しいと切に願うばかり。


2023年の干支は「癸卯(みずのと・う)」で、「寒気が緩み、萌芽を促す年」になるようだとか。その兆しを早く出て希望となる年になってもらいたい。
まずは、来年末には、コロナ禍が実感を伴って、はっきりと収束した年であったと願うばかり。そして、一日もむ早くウクライナに平和が訪れることを切に願う。

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

2022年12月28日

天を相手にすれば

 何かと忙しない師走も押し詰まった。そんな折に車を運転する機会に思うことは、自転者で動き回る人の縦横無尽さに時折ヒヤッとすることがよくある。もう少しは交通ルールも守って安全に走って欲しいと思うのだが、相変わらずで一向に改善の気配はない。毎度だとイライラが募るばかりだった。そんな自分にも嫌気がさしてはいたのだが。

そんな折に出会った言葉が、あの南洲翁の西郷隆盛の遺訓「天を相手にして己を尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし」だ。
ルール無視の相手を咎めるよりは、予測運転を徹底して安全に運転することに考えを集中することだと思えば、ストレスも無くなり、心も落ち着いてくるとものだと感じた。

車の運転に限らず、シニアになるとキレる老人が多いと言われている。背の中の大して様々な欲求不満が鬱積してのことかも知れないが、怒り爆破してしまったにお終いだ。そんな時には相手を怒り爆発するよりは、己を足らざるを尋ねてみることに方向転換する工夫を少しでも転換することだと思った。短気な私には特に、その習慣訓練が必要なことだと思っている。

天とは「天地万物の支配者。造物主。神。天帝。また、天地万物を支配する理法。」であるから、絶対的な節理である。
天の前には、人は小さくて愚かな存在ではあるが故に、それに従い、生かされている我が身を思うことができる。
遅まきながら、ようやくそんな風に考えられるようになったのは、もう70歳近いシニアとなった結果なのかもしれない。

Jiko_bicycle_carJiko_bicycle_car

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2022年12月19日

初めての夜間救急外来

 師走となり長い秋から急に冬の到来で体が順化する暇がない頃に、一週間延長していたオミクロン対応の5回目新型コロナワクチンを土曜の 午前10時過ぎに接種した。やれやれと思い、今回の副反応はどうだろうかと思案していたが1日目の夜は腕の少しばかりの痛みだった。

 ところが、まあ良く寝たと思った翌朝の寝起き時に未体験の酷い目まいがした。これはいけないと思い再度床に伏して、暫くめをつむっていた。がやはりトイレに行きたくて再度立ち上がろうとするも頭痛と目まいが酷い。

 それでも何とかトイレの用を済ませ、再びベッドに戻り横たわるとたま目まいが襲ってきた。もうこれは異常事態だと思い暫く目を閉じて、こんな副反応は初めてだと思った。まあ、それでもクリニックでもらった鎮痛解熱剤のカロナールをとりあえず飲んで、またもぐり込む。

また数時間しても一向に頭痛・目まいは続くが水分補給してまた大人しくしていた。昼過ぎにやっとおむすび一個とりんご半分を食べ、再度薬を服用した。そしてまたひたすら寝て、夕方となる。しかし、一向に頭痛とめまいは続き、遂にはお昼のおにぎりも嘔吐するばかりだった。

後頭部の頭痛やめまいが酷い。不安がよぎる妻や娘がこれはもう早めに休日だけど診察受けたほうが良いという。くも膜下出血の前兆かもとの悪夢がチラッと過る。明日迄は待つことは楽観的だから、兎に角、最悪も考えれば早め対応するのが、シニアには必要だと思い、妻に手配や準備を頼んだ。

幸い近くに住む長男に車で近くの医療センターの夜間救急外来に向かった。頭痛で酷いので、待合室の椅子では待機が辛いので、受付に頼んで別室の簡易ベットで待機すること40分ほど。まず後で解ったことだがトリアージュナースから症状やらの問診と呂律状況やら手脚の動作チェックがあり、その後、医師から再度詳細に眼球動向やらの歩行確認のチェックを受け、最終的には脳のCT撮影となった。

最終的には脳出血の明確な異常認められなかったようだ。ただ目まいふらつきに関しては頻発するようであれば後日耳鼻科を受診するよう指導があった。何とか受診して、めまいの薬を貰って帰宅したのは2時間半過ぎだった。

休日夜間に近くに設備のある医療機関があってホッとしている。とりあえずまだ頭痛はあるが安心して眠りにつけた。
翌朝は薬のお陰か、昨夜の頭痛めまいもかなり和らいではいた。日頃気付かない家族の助けと日本の医療レベルの高さに感謝しきりである。


なお、驚いたのは診療費明細には保険外負担が7750円とあった。調べてみると地域クリニックの紹介状なしの場合の特定医療機関の初診加算料は今年10月1日が改定されていた。休日夜間診療で、高度医療スタッフの多忙となったいる甘受すべきと納得した。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです!

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2022年12月 5日

体温と免疫と腸の養生訓

 師走に入ってから急に寒くなり、またしてもどうも喉の調子が悪い。55歳を過ぎた頃から寒がり体質なった感じの私は、次第に季節の変わり目に弱いなあと感じ始めた。まあ、年とれば誰しも低体温の傾向となるものだけれど、私は一層その対策に色々と工夫せざるを得ない年になってしまった。

免疫機能においては病原体などの異物(抗原)を食べて排除するマクロファージや、抗体を作るB細胞など、たくさんの免疫細胞がたくさん働いているらしく、免疫細胞には温度が高いと活発化するという性質があるとのこと。体温が1度上がれば、最大5倍ほどに免疫力が上がるというデータもあるらしい。

36度をきって低体温症となったら様々な対策があるもので、体温や免疫力を上げるにはどうしたら良いかと最近とみに考え始めた。
まずは、適度にウォーキングとジョギングを30分以上して血液循環を良くしてから、ストレッチ等で筋肉量を維持することにした。適度な運動はストレス耐性にも繋がることにもなるらしい。

さらに、体温アップのための食事として、私は最近温かいジンジャーとシナモン入りのチャイティーをよく飲むようになった。
また脚の保温ににもタイツを着て注意を払っている。冬季には特に、就寝時は電気敷布を利用して、身体全体の保温にも心がけている。

それから免疫力維持のため、就寝の際にも腸を温めるようにしている。これは腹巻ではなく、温かくなった自分の手ひらを添えてやっている。
30代過ぎからずっと便秘で悩まされ続けて、痔疾にも頻発して苦しんでいた。しかし、昨秋から近くの内科医から勧められた酪酸菌(宮入菌)入り錠剤を服用してからは、便秘も驚くほどに改善しているからその効果に感心している。どうやらこの酪酸菌と言うのが私のお腹には合っていると確信した。健康長寿の老人には酪酸菌が優位であるという報告もあるらしくて、さらには酪酸菌優位な人は新型コロナの重症化しにくいとかデータもあることを知った。

兎に角、様々な方法を複合的に駆使して、低体温をとることが冬場の病気予防に繋がると思っている。

今後も地道に続けようと思う師走である。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです!

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

2022年12月 1日

神無月にも守神がいたなんて・・・

 2022年も今日から師走となりました。時の過ぎるのは早いものです。
ところで、11月は神無月と言われ、全国の神様は出雲に出かけいて、地元の神社にはいないと私は子供の頃からそう言われて信じていました。

実際、私の故郷の福岡県では11月末の夜は、近くの神社の境内で夜通し火を焚いて、出雲から神様が帰って来るのを待つ「神待ち」という風習が今も続いています。小年の頃は、寒い夜中でも火の側で、深夜まで神社で神様をお迎えするまで眠くても待ってい記憶があります。

ところが、つい最近分かったことがあります。出雲大社の神様会議に出かけてはいる神様ですが、実は留守中の地元の家をちゃんと守ってくださる神様がいるんです。神様自体、「分霊(分祀)」といってお力を変えることなく、「分身」することができるらしい。「神無月」の「無(な)」は「~の」という意味の助詞で、「神無月」は収穫に感謝し神々を祭る「神の月」という意味があります。

したがって、出雲へはそのご分霊が「出張」され、あくまでご本体はその地に留まり、地元皆さんをお守りしているとのことです。
つまり、1年を通して、神様はいつも神社にいらっしゃるので、神無月でもご利益をいただくことができるとのことです。

実際、伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)を始め、全国各地で神社の秋祭りが盛んに行われていますので、神さまは常に神社においでになります。
因みに、神無月になると全国各地の神さまが出雲大社に集まって不在になるという説は、出雲大社の御師(おんし)が全国に広めた俗説とのこと。
※御師とは、特定の寺社に所属して、その社寺へ参詣者を案内し、参拝・宿泊などの世話をする人のこと。
 神様会議がある出雲大社では、旧暦10月10日~10月17日の約1週間にわたり、神在祭が行われています。

これを知って少しばかりホッとしています。何せ神様不在だとかなり不安ですし、神不在の神社にお参りしてもご利益ないのではと思えてしまいますからね。浅学菲才な私は、やっと今頃になって知った次第です。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです! ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2022年11月 9日

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」の時

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」とは、かのマッカーサー元帥の退任演説だが、どうやら拙いシニアの私にもその時期がやってきたようだ。
それは、齢68歳過ぎの私には、予期していたこととは言え、不意にやって来たのである。

60歳の定年後は、長男の仕事の手伝いをしながら細々とやり続けてきたアマゾン関連の「IT古本屋業」の仕事も次第に次第に複雑になってきた。利益を出し続けるには、様々なハイテクな工夫と効率化が求められる一方で、依然としてローテク作業もやり続けなければならない。が、体力的にはどうもこの辺が潮時であるようだ。

それでも老体と老脳に刺激を与え続けることもまた必要なことだと思った。コツコツと継続してやっていれば、確実に老化スピードは止められるものだと我ながらそれなりの自信にもなった。

しかし、40代のパート世代達への引継ぎも2年目を迎え、彼女らにそろそろバトンタッチする良い時期に来たという思いが湧きあがってきた。
そした、当初の一応の区切りとして70歳を目標としていたこともあり、今からもうフェードアエゥイ体制に移行することに決心した。

これでやっと約50年間就労生活の区切りをつけようと思う。
思えば、人生80年という時間のうち50年程の何とか元気で働けたことにしみじみと感謝したいし、その間に様々な人たちに出会い、色々とお世話になり、感謝至極である。思い出深いことばかりであった。これからは、歴史探索にブログに費やす時間が増えそうだ。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです!

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

442年振りの皆既月食と惑星食

 昨夜は久しぶりの天体ショーだった。
皆既月食だけならば、それほど珍しくもないと思うけれど惑星食も同時だと1580年7月26日以来の実に442年ぶりとか。
1580年といえば安土桃山時代だから信長秀吉時代だ。あの信長も皆既月食は見ただろうかと思った。流石に天王星は小さくて肉眼では見えないだろうし、ましてや6等星級だから見ずづらい、多分に知らないだろう。それほどの規模だる

明るく輝く満月が、赤銅色になるなんて安土桃山時代の民衆はどう思ったであろうか?吉兆ではなく不思議な凶兆とみる人がおおかったのではと思ったりした。現代人は、単なる偶然の光景だとしか思わないかも知れないけれど。

次回の皆既月食は、3年後の2025年9月8日。皆既月食中の次回の惑星食は「土星食」で、321年後となる。途方もなく長い時間である。
そんなダブル食に遭遇したことは、大いなる天体の神秘の時に生きたことになるのもかも。

いずれにせよ「太陽フレア」のよう爆発現象が今後は活発になり、2025年頃にはGPSの精度の低下や電力網の停電など社会インフラが大きな影響を被ると予想される天体の変化よりは、じっと晩秋の東の高天を心穏やかに眺められたのは、よかった。大いなる時の流れを再確認した一夜だった。

Photo_20221109102702Photo_20221109102701 Dscn2407

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです!

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

より以前の記事一覧