無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月の投稿

2024年2月18日

『稲妻が輝く瞬間』に市場に居合わせる?

 『稲妻が輝く瞬間』に市場に居合わせなければならない」とは、米国公認証券アナリスト協会会長であり、「敗者のゲーム」の著者でチャールズ・エリス氏の言葉である。株式投資の世界で、稲妻が輝く瞬間とは株価急上昇の数日のことらしい。


昨年来の日経平均株価の上昇は、コロナ禍を脱出して、商品価格転嫁や円安で日本輸出企業等の業績もしっかりしたものとなっている。
そこに、新NISAの国内投資資金も追い風なって、新年からは、株価も連騰基調である。


昨年末から主要ネット証券会社5社で新規口座開設も若者を中心に月間で約90万件という報道もある。いよいよ日本も貯蓄から投資の時代に動き出したようだ。その資金規模もも5兆円超だと金融機関は見込んでるようだ。年始からもうすでに1兆円足らずの投資資金が市場に投入されているデータもある。また、外国人投資家も円安と東京証券取引所のアクティビスト?(モノ言う株主)的な活動にも期待して、また日本市場に資金投入を検討しているとか。


そんな株式市場にあって、個人投資家もブームに煽られることなく心して投資すべきと思う。その基本原則は、長期、分散、積立である。
焦って投機に走ることだけは止めるべきだ。夢の上昇相場は僅か7%に過ぎず、あとの93%は単調なものだとの過去75年間の分析結果データがある。


また、「稲妻が輝く瞬間」の上昇相場と対比して、下落相場は「ナイフが落ちて来る瞬間」は過去何百回とあると言う。市場はたった一日で、ドーンという衝撃とともに4%、5%も下落することも、アップダウンを繰り返しながら、週単位で数%下落をし続け、1年で最高値から20%、30%落ちる年もあったという事実。「夢の60ヵ月を逃さないために、パッとしない残りの840ヵ月も(市場の中で)やり過ごす。」覚悟も必要ということらしい。投資はコツコツと煮込み料理のようにやるべしと投資アドバイザーも言っている。この本の後半の「個人投資家のための十戒」も参考にしたいものだ。


時間を味方に出来ないシニア個人投資家の私もこれまでに何度かの失敗した経験から学んだことあるが、また為替や金融知識を少しずつ学んで、マーケットを注視して行こうと思っている。世界経済や新たな時代への動きに興味関心をもって少しずつ勉強してみるのも脳トレになると思っている。


Photo_20240218172201


ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村


 


PVアクセスランキング にほん   ブログ村

2024年2月 3日

健康寿命なんて曖昧なもの

 最近またネット情報と言うものには、その根拠をよくよくみたら実に曖昧なことをま知った。それが健康寿命というもの。厚労省の言う「健康寿命」の定義というのは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」の平均年齢とされています。2019(令和元)年の健康寿命は男性72.68歳、女性75.38歳となっている。2001(平成13)年からは、男性の方が女性より健康寿命は延伸していて、男女差も若干縮小していいるらしい。


 しかし、この「健康上の問題で日常生活が制限」されるかされないかを区別する基準は、実に曖昧なことをネット医師対談で知った。
と言うのも、その根拠は全国から無作為に選ばれた男女に「あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響はありますか」というアンケート調査実施して、「ない」と答えると「健康」、「ある」と答えると「不健康」とみなして算出したのが、健康寿命となるからです。これだと個人の主観に左右されてしまって曖昧なものとなってしまうと思うのだが。まあどの程度曖昧なるから素人の私には全く解りません。厚労省も説明もしていないみたいです。


 また一方の平均寿命の定義は「0歳における平均余命」で、きちんとした死亡率とかの明確なデータで解ります。
それは、生命表は、ある期間における死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によって表したものであるであるから。
2019(令和元)年の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳です。


 そして、この平均寿命と健康寿命を比較し、男性約9年、女性約12年とかを「不健康な期間」を短縮するようなことを推奨しているようだけれども、健康寿命の定義が曖昧であり、個人差もあるならば、この数字を妄信することだけは注意しないといけないと思う。
そもそも生身の人間、ここまでが「健康」で、ここからが「不健康」だと線引きすること自体が難しいように思えますが。

私のようにこの数字をつい鵜呑みし、精神衛生上の悪影響を及ぼす人が少なくなるように、もっと正確に広報してもらいたいと願うばかりである。まあ、そうは言ってもまだ平均寿命はゆっくりと延びるのと思うが、シニアは気分的にゆったり気分で生きたいものだ。


417602a374da6e1e6313eb7f70186f28_t


ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村


 


PVアクセスランキング にほん   ブログ村


 


 


 


 


 


 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »