無料ブログはココログ

« 嵯峨千光寺の角倉了以 | トップページ | 情報の青い大海から混濁の海へと »

2023年12月12日

初めて知ったドジャーズ球団名の意味

 大谷選手がドジャーズと10年契約したとのテレビ報道があった。私には野茂投手がかつて入団したチームがドジャーズだったという記憶しかない。
しかし、この球団の名前の由来やらをネットで調べてみると面白いことがわかった。

ドジャース(Dodgers)は、英単語の“dodge”が由来で、日本語で「よける、かわす」という意味だが、では一体何をよけるのかと言えば、チームの歴史に遡ることになる。今はロサンゼルスにある球団だけれども1958年以前は東海岸のニューヨークのブルックリン区に本拠地を置いているチームだった。なお、同じ年にニューヨーク・ジャイアンツも西海岸のサンフランシスコへ本拠地を移している。

1883年の球団創設後の1892年に電気で動く路面電車が市内交通に導入され、1895年には路面電車と歩行者の事故が増加していた。その頃のブルックリンにおける死者は130人、負傷者は500人にも上ったようだ。
だから「ブルックリンの人たちは路面電車をよける人たち(trolley dodgers)」というイメージがその頃から形成され、広まることになった。

 また、ドジャースは、元々は「ブルックリン・ロビンズ」というチーム名だったが、貧乏球団で選手が球場までみんな徒歩(ジョギング)で行っていた。それで、その当時は器用に路面電車をかわす姿を揶揄されて「ドジャース」と呼ばれ、正式にチーム名にしていたし、ロサンゼルスに移転してからも使い続けた。つまりは、ドジャース(Dodgers)=素早く身をかわす人つまり、すばしっこい人という意味で使われていたのだ。

大リーグ球団の名前には、鳥の名前や強い動物や職人名やらと様々なものがあるが、ドジャーズは一風変わってる名称だと思った。
140年の伝統のある球団で、MLB屈指の名門でもあり、人気・実力いずれもリーグトップクラスの球団で、今後は大谷選手が新たな記録にも挑戦し、チームがワールドシリーズに優勝してくれることを楽しみにして期待したい。

Desktopwallpaperdodgerstadium

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

« 嵯峨千光寺の角倉了以 | トップページ | 情報の青い大海から混濁の海へと »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵯峨千光寺の角倉了以 | トップページ | 情報の青い大海から混濁の海へと »