無料ブログはココログ

« まだ終わらぬコロナ禍とウクライナ侵略 | トップページ | スポーツジムとの出会いと変遷 »

2022年8月17日

今は亡き義母の思い出

 コロナ禍のなか先月下旬と今月初旬に二人の娘達に長男と三男が無事に生まれた。妻は、連日孫サポートに東奔西走の日々である。
そんな中で思い出すのは、昨年96歳で亡くなった義母のことがふと頭をよぎった。

転勤族だった私には九州各県で4人の子供生まれた。長男は実家で生まれたもの次男や二人の娘達は転勤先の福岡県で生まれた。
その度毎に義母は、遠くから宿舎にやってきては、妻のサポートを何週間も忍耐強くしていた。今思えば、慣れない所で、私には伺い知れない心労も蓄積していたのでは思っている。

また、孫も少し成長したけれど、ある年の冬に流行したインフルエンザで家族全員がダウンした折にも遠路やってきては世話してくれた思い出もある。そして、10日後の帰宅の際には、明らかな疲労蓄積がみてとれ、やれやれという感じが見て取れた記憶もある。

聞くところによると関東大震災の翌年生まれの義母は6人兄弟の長女。幼い頃から妹弟達の子守りしたり、小学校卒業の頃からは、貧しい家計を
助けるために子守の仕事もしていたとか。そして、結婚後も三人の子育てに明け暮れていたようだ。

そんな義母は寡黙な性格ではあったが、一度だけテレビに出てた若い娘さんに向かって、辛辣に一言を放った。当時の私は少しばかり驚いたが、却って義母の一面の人間味も感じ、親近感を感じた思いもあった。娘の妻には辛抱強く接してはいたが、優しく厳しい一面もみせていた。

今にして思えば、義母にはこれまで色々とお世話になったけれどちゃんと感謝の言葉も伝えていないのが夜中に気になり、遂には眠れなくなり目覚めた2022年のお盆明けの早朝である。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

にほんブログ村 ランキングに参加中です。ポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ、励みになり幸いです!

 

ブログランキング・にほん  ブログ村へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほん   ブログ村

 

 

 

« まだ終わらぬコロナ禍とウクライナ侵略 | トップページ | スポーツジムとの出会いと変遷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ終わらぬコロナ禍とウクライナ侵略 | トップページ | スポーツジムとの出会いと変遷 »