無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月の投稿

2022年3月27日

さらに高まる「歴史総合」教育の大事さ

 ロシアのウクライナ侵略を目の当たりにして、思うことは歴史をちゃんと学ばないと問題解決に向かえないのでは思うのです。つまり欧州各国との複雑な関係とこれまでの歴史をきちんと理解認識してから、今後の対応策を考えることが大事だと思う。

自国と周辺各国との関連性を時系列に認識していることがまずは大前提であると思う。
欧州大陸国に限らず、島国である日本国においても同様である。近現代になれば地球は一体的な関連の動きをますます強めているからでもある。

今回のウクライナ侵略の関連で、ポーランドという国に私は着目している。この国の歴史は、分割と統合を繰り返している。
18世紀に三度にわたって他国に分割された末に消滅(ポーランド分割)、そして123年間にわたり他国の支配下ないし影響下に置かれ続けていた。

その後、第一次世界大戦後の1918年には独立を回復したが、第二次世界大戦時には、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活させた。ただし、ポーランド統一労働者党(共産党)による一党独裁体制であり、ソ連に従属する衛星国であったという歴史がある。

つまりポーランドは、まさにウクライナの現状を我がことのように痛い程よく解かっている国だと思うのである。それゆえに協力支援の重要性を認識している。また、国連での解決力の無さと無力さも痛感しているから、国連改革の必要性も十二分に理解している。

日本の高校での歴史総合もやっと新年度からスタートするという。随分と前から検討はされてはいたが、遅きに失している感は否めない。
これからグローバル社会に生きる若者達には必要なきちんとした歴史教育をして欲しいと切に願うばかりである。

375pxpoland_orthographic_projectionsvg にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年3月12日

知らなかったシロヴィキとオリガルヒの実態

 連日のロシア軍のウクライナ侵略の報道に接し、ウクライナ国民の惨状に本当に心痛みます。 あらめてプーチン独裁政権の恐ろしさと非道さを再認識させられた。これまで何回もオリンピックの年にクリミヤ半島やウクライナ東部二州へのロシア人保護の名目で軍事侵攻も繰り返されてはいたが、今回のウクライナ侵略の非道さはいっそう目を覆いたくなる。いとも簡単に武力による現状変更の強硬策をとるプーチン体制は冷戦時代のままの考えだと思った。

BSテレビ報道によれば、プーチン大統領の周辺には、「シロビィキ」と言われるロシア語で力、武力という集団が存在しているとか。またプーチン氏自体がKGB出身者であり、そういう秘密公安関係者だけで権力周辺や国内体制を固めていること自体恐ろしいこと極まりないのである。

だから、プーチン政権は、すでに完全に恐怖政治となって、誰もプーチンのこの暴走が止められない独裁体制となってしまっている。その明らかな事実が先日の公開映像を観るとさらに確信されて、ただ驚くばかりだった。

また、「オリガルヒ」(ギリシャ語の寡頭制)という今のロシアやかつてのウクライナにも存在する政治的に影響力を有する数人の新興財閥の存在の大きさを知ってさらに驚いたのである。
しかし、この独裁政権寄りの大企業集団の一部も今後はどのように変貌するかも注目して行きたい。既に一部はロンドン等に退避しているとか報道もある。

欧米を初めてとして世界各国の経済制裁で包囲しても停戦までには、まだ数ヶ月単位以上の時間が必要だと言われているが、国内の情報統制を再強化しているからプーチン体制の崩壊にも相当な時間がかかるかも知れない。今回ほど生々しいロシア外交の舞台裏が報道に多く出て来る場面にでくわしたことはない。

日本にも経済制裁での様々な対抗措置が今後続くことが予想され、経済も含めてかなり大きな余波が出てくると想定されている。
そのこと自体はウクライナ国民のことを考えれば、甘受すべきだと思う。と言うのも今回のウクライナでの武力による現状変更は、全く対岸の火事では済まされないはずだとようやく日本人も切実に感じ、今後の東アジア安全保障についても考えていかないと思うからだ。祖国の平和を必死で求めていくウクライナ人の姿は私に強烈な衝撃を与えた。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。左の「にほんブログ村」をポチっと、ワンクリックして応援して頂ければ幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »